人に良い「食」× 野に良い暮らし「野良」                     


 人に良いものを食べていたら心身ともに健康でいられるし、野に良い暮らしをしていれば10代先、100代先の子々孫々にもきっと豊かな大地を受け渡すことができるでしょう。

 

 そうすれば、無理なく自然に祖先への感謝の想いが生まれてくることでしょう。

 

 豊かな社会では、きっと飢えや争いも少ないことでしょう。

 

 おそらく、これが本来の人間社会における「豊かさ」ですね。

 

 私たちの考える「陰陽ライフ」は50年後、100年後、1000年後の豊かな暮らしを想像し、その実現を信じてワクワク「今」を生きていくというライフスタイルです。

 

 昔はよかったという懐古主義ではありません。

 

 たとえば、春の芽吹きの時に山や森で深呼吸した時の何とも言えない心地よさ、こんこんと湧き出す山水の美味しさ、それは川になり、やがて海へ流れ込み、地球全体をめぐり、500年、1000年、「循環」し続ける.....想像するだけでワクワクしてきませんか。

 

 私たちはこんなことを色々想像してワクワクしながら、日々の仕事に取り組んでいます。

 

 そして、このワクワク感を皆さんと共有できたらどんなに楽しいことだろうと思います。

 

 以上、壮大なメッセージをお伝えしましたが、日々の実践のポイントは 

 

 「小さく・無理なく・ワクワクと」 が基本となります。

 

 各種講座や書籍などでは皆さんにその点をお伝えできたらと思い、プログラムを組んでいます。

 

 それでは皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

 

 さあ皆さん、日本人のためのマクロビオティックで、心と體(からだ)を整えましょう!