米が日本人の心と体をつくる


日本は豊芦原(とよあしはら)の瑞穂(みずほ)の国。

穀物が実り、それで命を作る国なんです。

だから、昔から神棚には米と塩と水を毎日そなえるのです。 

「口」の中に「米」を止めて「歯」、「口」で「米」を止めて「噛む」で、臼歯が20本。

米を噛むためにたくさんある訳です。

 

米は単に食料というだけではありませんよ。

米からできた血が体を造り、日本の精神を創り、大和魂を創るんです。

ただ栄養がある、なんて次元のものではありません。

神代から続いている命のルーツと言ってもいいくらいなんです。

八十八歳を「米寿」といいますね。

これは米を食べて長生きしてめでたいから祝うんです。

米から離れると「迷う」になっちゃますよね。  

 

米には「ヒコ」と「ヒメ」の神言葉が込められており、米の「コ」というのはデンプンの部分のことで陽性の彦の男性を表し、「メ」は芽の部分を表して陰性の女性のことなんです。

一粒の種には陰陽二つの働きがあり、陽は大地に深く根をおろしていき、陰は上空に伸びて花や種を作るんです。

ヒコとヒメの下の文字もコメを表していますよね。

全宇宙の氣が込められているから米なんです。 

 

米には三体の神さんが宿ると言われており、食事の時に「いただきます(貴方の命を私の生命としていただきます)」と言うのは感謝と祈りと悟りなんです。

 

米から造られる血は36.5度の恒常温を保っていて体を中庸に保ってくれます。

作法の流派で有名な小笠原流でも、健康の原理を「ご飯三口にお菜が

一箸」と教えています。

くれぐれも、おかず喰いにならないよう気を付けましょう。